Earth-design

あなたの不動産の最善策を、一緒に考え、提案してゆきます

 

ガイダンス

-読み物- アパート・・二棟オーナーへの道 

キャッチ ・・上手な建設、購入

管理 ・・管理会社の実態と入れ替え提案

金融 ・・銀行、保険、互助会

長期修繕計画

リリース ・・上手な出口戦略  ・・相続対策向け

 
協力企業様へ
 

 

 
定期預金と債権を除けば、不動産投資以上に安定性のある投資項目は他にないだろう。
 
なら、皆が実施すれば良い。
 
そうならない最大の理由は、株式投資や為替が数十万円から始められるのに比して、不動産となるとどうしても数千万円という規模の元手が必要になるからである。
 
地主という立場の多くの人たちが理解して折らず、地主ではない多くの人たちが常日頃、感じている事実。
 
 
地主になることは難しい。
 
 
その証拠に、多くの地主が所有不動産を減らしながら相続を乗り切っていく。
地主になるどころか、地主という立場を数世代にわたって好調に維持すること自体が、現行法制化においては非常に困難なのである。
 
しかしながら所有不動産0から、”たった三年”で二棟のアパート・オーナーに上り詰めると言うことは別に夢でもない。
 
本項ではその実践過程と、その後の運用過程を弊社のコンサル実績に基づいて取りまとめていく。
 
*ここでは数百万円から可能な所謂、 ”所得税相殺目的の【ワンルームマンション投資】” の様ないかがわしい、健全性を、あえて自ら損なうようなコンセプトの投資は除いて話を展開します。
*確かにせせこましく税率やら減価償却を計算すれば、どこかで計算が成立する条件を見つけることは難しくありません。
*でも、それら条件を成就するためにはいくつかの前提条件が必須となるはずであり、その必要条件成就のための条件は、きちんと専門家が検証すれば、想像以上の大きなリスクが隠されている物です。
*言うまでも無く、「うまい話」などは転がって折らず、納税の基本コンセプトは払えるだけ健全に稼ぎ倒す方が、実はリスクを小さく出来るというものです。