第2章 品薄ならば掘り起こす。定石通りの現地移住

(1)「強引な営業にも屈しない!」

 

現在の不動産市場には消費者が立ち止まり、きちんと考える時間が用意されていない。大手を中心に不動産の営業マンの立場からは、「ノルマ」とか「歩合」という契約形態の中で、「売ってなんぼ」の価値観が大勢を占めている。つまり本当にそのクライアントに何が必要で、何が不要なのかという視点はほとんど欠落していると言って良い。

 事実、アース・デザイン以外で「設計者を決定するまで土地購入は進めるべきでない」という不動産業者を齊藤は知らない。どんな建物がどういう工事で、いくらでその土地に出来るのかについて、不動産業者は全く興味がないのである。

 消費者に求められるのは、「まだ買いません」「あなた(の様な人からは)買いません」「この土地は結構です」という、一般生活ではあまり使わない、強い否定の言葉なのだと思う。これらの一言が言えるか言えないか・・正否の大きな分岐点なのである。

ポイントを一気読みしたい方はこちらをクリック

平成15年10月
Ma様→齊藤
 
先日はメールありがとう。考える暇もなくYo家が進展しつつあります。 週末にまた片瀬山物件巡りをして、そこそこ気に入った土地が出たようなのですが、例の道路計画用地の際で、もし道路ができた場合、家の真横を道路が走ることになるらしい。ご主人は探し疲れ、細かいことは気にしなくなっていて既にノリノリ。(もう家の模型まで作成中らしい)
Mリハウスも今月中に契約をと急ぎ気味のもよう。売り主は訳ありで一度契約したらキャンセルできないらしい。そんな中、奥さんはあの道路計画がひっかかっているので、どうなっているか調べるだけでも良いから、とりあえず出来るだけのことをして納得してから決めないと後で絶対後悔すると焦っています。で、道路計画について今後の予定は未定かもしれませんが、どこで何を調べたら良いのかアドバイスいただきたいとのこと。明日にでも藤沢市役所に行くつもりとさっきメールがありました。できるだけ早くアドバイスをよろしくお願い致します。 奥さん的にはもう少し時間をかけてアース・デザインとも話をしてから、進めていきたいようですが、一方で信頼できる知り合いの不動産プロから見てどうかを教えて欲しい・・・と言うか、大丈夫と言って欲しい、背中を押して欲しいと言った感じです。
齊藤→Ma様
 
Yoさんの件、不動産は、(1)迷ったらやめ、(2)期限があるならなおやめ、(3)キャンセルできないものなど買えない(というかキャンセルは法的にできるはず(手付け放棄は必要or融資による停止条件付き)・・という点をまずはお伝え下さい。
そもそも、Mリハウスの担当者に「何の根拠で解約が出来ないのか」問いただすべきでしょう。あまり信用できる営業マンではないかもしれません。住まいづくりは全てが信頼関係ですから、これだけでも本件はお奨めが出来ません。
都市計画道路は次のレベルの問題でできるかできないかは役所に行けば教えてもらえます。というか、 業者の重説事項に該当すると考えます。
Yo様→齊藤 
先日は長い時間に渡り貴重なお話しを聞かせてくださいましてありがとうございました。
藤沢のKi工務店がからんだ物件は、業者の休みなどの関係でその後の進展を見ておりません。
境界の定まっていない分筆前の土地を販売することについては、Mリハウスの担当者は特に問題はないようなことを言っておりました。ただ、私としては、もしこの土地を買うことになっても土地の境界が不明確なままでの契約は恐いので、この点は、明日、もう一度話を聞いてみようと思っています。
こちらも、しっかり勉強しなくてはいけませんね。本当にありがとうございました。
平成15年11月
Yo様→齊藤 
ご返信ありがとうございました。例の土地は、結局某Ki工務店が契約を済ませたそうです。もうすっぱりあきらめ、また新しい土地を探そうかな、と思っております。
しばらく神経を尖らせていろいろやってきたので、カミさんとはちょっと休憩しようか、といってますが、
きっとまたすぐ動き始めると思います。その節は、どうぞよろしくお願いいたします。
齊藤→Yo様 
ゆっくりお休み下さい。:笑  気持ちが入らないと良い物件は、【絶対に】見つかりません。奥様にもよろしくお伝え下さい。
Yo様→齊藤 
ちょっとの間、家のことを忘れて何もない週末を過ごしておりましたが、やはりどうしても「自分の家」をつくりたい思いは消えず、また動こうかな、と思っております。  片瀬山、遠くに海、60坪くらい、諸費用含めて、土地で5000万程度、という条件は変わっていないのですが、大手の手法だと、見つかりにくいし、また建売業者とのせめぎ合いが生じる気もして、そこで、妻との間でこの件を斉藤さんに正式にお願いしてみたい、という話になり、もしよろしければ、また話せませんでしょうか。  斉藤さんのキメ細かなリサーチと物件をみつける手法のユニークさに感銘を受けたしだいです。  ぜひともお願いしたいのですが、いかがでしょうか。
齊藤→Yo様 
お世話になります。どうもありがとうございます。まずは、当方にて片瀬山を中心に相場調査をかけてみます。片瀬山の団地を歩きながら登記簿取得地の候補を絞り、その作業と並行的に探索範囲も拡大していくのがよいと思いますがいかがでしょうか?
Yo様→齊藤 
どんな風に物件探しが展開してゆくかとても楽しみです。
齊藤→Yo様 
早速ですが、物件ファイルを送ります。片瀬山に探索範囲を限定しているため物件数は少なめです。まあ探索範囲を徐々に広げていけば物件数は増えてくると考えています。
リストの中でまだご覧になっていない物件があれば図面をご請求下さい。できればその日片瀬山団地のフィールドワークが出来ると良いですね(空き地探索)。
Yo様→齊藤 
お世話になります。早速の情報ありがとうございました。いただいたファイル内の中古戸建の1と2、それから土地のみの2番は、まだ見たことのない物件です。ぜひ、詳細をお願いいたします。
齊藤→Yo様  
お世話になります。図面が整いましたのでfax致します。中古の1番は形状から海が見えそうな感じがしますが・・。なお、ざっと調べた結果ですが片瀬山は坪単価×万円〜×万円です。平成15年度の路線価は×万円〜×万円です。
探索範囲を広げるという意味からも葉山などはどうでしょうか?
東伏見団地は整備された住宅団地ですが、坪単価は一気に×万円〜×万円に下がります。海は東地区の多くの住戸で、西地区の全ての住戸で遠望できるそうです。道路は片瀬山ほど綺麗ではないですが土地代が安いため、建物のコストは東伏見の方がかけられている印象です。通勤問題が解決できれば一度、ご覧になっていただきたい団地です(参考までにチラシお送りします)。
Yo様→齊藤   
中古のNo1は、海が見えそうですね。現状では予算オーバーですが(^^; この先、少しでも坪単価が下がっていけば嬉しいですね。中古の2の方は、記憶では商店のようなたたずまいの物件でしょうか。土地の2、海はどうでしょうね。広さは十分ですが、500万くらい予算オーバー(>_<)
 葉山のほうは、クルマ趣味としては週末の道路渋滞がネックではないかと思っております。ただ、お送りいただいた土地は形も立地も興味深いです。こういう形状だと面白い家が建ちそうでいいな、と思いました。

平成15年12月
齊藤→Yo様
葉山の渋滞について調べました。結論的には葉山縦貫道が来年の三月に開通するので随分事情が変わりそうです。詳しくは明日、お話しします。

次ページ  第2章:土地購入編(2)「設計者選定その1」

不動産のご購入・ご相談はお気軽に earth-d@co.email.ne.jp まで。

アース・デザイン ホーム  会社概要